gossip News pickup

神戸製鋼所 データ改ざんの納入先はトヨタやMRJ!株価や配当に影響?

2017/10/13

神戸製鋼所の製品データ改ざんの納入先が発覚したが、影響はMRJやトヨタ自動車などの国内企業を初め、アメリカ・ボーイング社など海外企業など200社に及ぶとされる。

掲示板では現在の株価や今後の配当に大きな影響が出るのではとの声も!ニュースの最新情報や納入先などをまとめてみた。

 

スポンサードリンク

 

神戸製鋼所が製品データ改ざんを認め謝罪!

2017年10月8日、神戸製鋼所の梅原尚人副社長が「栃木・三重・山口・神奈川(子会社・コベルコマテリアル銅管)」工場の計4カ所で製品に関する”データ改ざん”が確認されたとして会見を開き謝罪した。

---製造所詳細情報---
・真岡製造所(栃木県真岡市)
・長府製造所(山口県下関市)
・大安工場 (三重県いなべ市)
・秦野工場 (神奈川県秦野市の子会社コベルコマテリアル銅管)

神戸製鋼所の場所画像
引用元

以上、アルミ・銅製品をつくる4社からデータ改ざん製品に関与していた。

製品のデータ改ざんは上記国内4工場の管理職を含む数十人の従業員が関わっていたとされ、これまで飲料用アルミ缶を含めた「アルミ製品約19000t・銅製品約2200t」を出荷していた。

神戸製鋼所の社内で調査によると、2016年9月からの1年分で製品の4%で強度や寸法伸び率などの「検査証明書」データが改ざん!納入先は航空機や自動車メーカーなど約200社にものぼり、中にはデータが改ざんが10年程前から行われていた製品も明らかになっているという。

データ改ざんは顧客企業との個別製品規定に関しての出荷前自主検査で行われていたようだが、日本工業規格(JIS)が定める水準は満たしていた。ただJIS規格は満たしていたとはいえ、各メーカーのイメージダウンは必至!走行や飛行性能に関わる重要部品に強度不足などの不具合が確認されれば、大規模なリコールに発展する可能性がある。

梅原尚人副社長は改ざん理由について、現場責任者が納期に間に合わせるためだったのではないかとかと説明!今後は第三者調査委員会を立ち上げ結果を公表する予定とのことだ。

神戸製鋼所では過去にも不祥事!

国内3位の鉄鋼メーカーとしてその名が知られる神戸製鋼だが、実は同様の不祥事を過去にも起こしていたのだ。その内容を全て列挙できないので、要約し簡単に記載した。

---1999年---
総会屋への利益供与で商法違反。有罪判決を受けた専務ら3人と当時会長の亀高素吉相談役が辞任。

---2006年---
神戸・加古川の製鉄所で排ガスの測定データを改ざんし、環境基準を超える窒素酸化物などを含むばい煙を排出していたことが発覚。

---2009年---
高砂製作所・加古川製鉄所・長府製造所の3カ所で、地方議員の後援会に政治資金規正法に抵触する寄付が発覚!当時の犬伏泰夫社長と水越浩士会長が辞任した。

---2016年---
グループ会社・神鋼鋼線工業の子会社が試験値を改ざんし、JIS規格合格偽装問題が発覚。

神戸製鋼所では分かっているだけでも過去に4例もの不祥事が発覚!社にとって法令順守の徹底が必要と感じた現社長の川崎博也氏が今年5月に、行動規範「KOBELCOの6つの誓い」を公表したばかりだった。

 

スポンサードリンク

 

製品データ改ざんの納入先企業はどこ?

神戸製鋼所がデータ改ざんした部品の納入先は三菱重工の子会社MRJやトヨタなどの国内企業を初め、ボーイング社など海外企業など200社以上に及ぶが、現在までに分かっているニュースの最新情報納入先などをまとめてみた。

---納入先最新情報---

トヨタ  :一部車種で使用が判明(バックドアやボンネット)
日産   :現時点では不明
ホンダ  :現時点では不明
マツダ  :自動車の一部部品の使用が判明(安全性は確認中)
ダイハツ :現時点では不明
スバル  :自動車や航空機の使用が判明(安全性は確認中)
スズキ  :現時点では不明
JR東海  :新幹線の台車部品に使用判明(現時点で運行に支障はないと判断)
ボーイング:アルミ製品の一部に採用(アメリカ企業で今後の部品調達先を検討中)
MRJ   :アルミ製品の一部に採用(胴体と翼をつなぐ接合部分や窓枠など)


引用元

現在までに公表されている納入先の情報はここまでだが、現在も最新情報が更新されている状況!数日中にもすべての納入先が判明するとみられているので、予想では全国内自動車メーカーや有名家電メーカーなどの社名が浮上する可能性も指摘されているので随時更新して行く。

では今回不祥事が発覚した神戸製鋼にはどんな影響が考えられるのだろう?一部では株価や配当に懸念の声も...

現在の株価や今後の配当金に掲示板では...

今後企業業績に大きな影響を及ぼす懸念がある今回の神戸製鋼所の製品データ改ざん事件。一部掲示板の間ではすでに株価や配当に関する懸念の声が上がっている。

上記の引用元

筆者は株投資に関しては全くの素人なので分からないが、一部投資家の予想では株かへの影響は限定的でほぼ影響は出ないとの見方があるようだ。上記引用元の神戸製鋼の1年間の株価を見ても安定、データ改ざんが明るみになった現在も値を上げているようだ。

---株価更新情報---
10月3日、主力鉄鋼製品のうち線材(ボルト・ナットの材料)でも新たにデータ改ざんが明らかになったことで不信感が加速。株価に影響(下落)が出始めている。

神戸製鋼所 株価下落 画像

今回の不祥事が今後の株価や配当のどんな影響を与えるのかについては、今後明らかになる内容次第だろう。前述した通り、安全面に影響を及ぼす事態となり大規模なリコール問題に発展した場合、計り知れない影響が予想される。

神戸製鋼は2017年3月期に2期連続となる最終赤字を計上し無配に転落していたことから、2018年3月期の黒字転換を目指していた矢先の不正発覚だった...

 

この話題について思う事・・・・。
考える サル

いつまでも無くならない「偽装・改ざん・隠蔽」問題。神戸製鋼所のデータ改ざんに限らずこれまでも多くの事案が発生!経済を優先する以上、今後も無くなることはないだろ。

今回のデータ改ざんでは日本製の部品を数多く採用しているアメリカ・ボーイング社も問題視!今後の部品調達先の検討に入っているとも伝えられている。

鉄鋼事業では国内3位でアルミ事業は2位のメーカーとなっている神戸製鋼所。今後信頼を回復して行けるのだろうか。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

神戸製鋼所 データ改ざんの納入先はトヨタやMRJ!株価や配当に影響?

・・・でした。

 

スポンサードリンク

-gossip, News pickup