gossip Lifestyle News pickup

松山政司 スキャンダル疑惑がwikiにも記載!娘や家族もデマに迷惑?

一億総活躍大臣として初入閣した松山政司参院議員に、19年前のスキャンダル疑惑が再浮上しているがデマとの情報もある。若手議員の不倫スキャンダルや閣僚の失言などで支持率が低迷していた安倍内閣だが、更なるダメージとなる可能性も。

wiki記載内容や家族(娘・息子)にもスポットを当ててみた。

 

スポンサードリンク

 

松山政司参院議員が”一億総活躍大臣”として初入閣!

若手議員の不倫スキャンダル閣僚の失言などで支持率低迷に苦しんだ安倍内閣が内閣改造を行ない、新たな閣僚人事を発表した。これまでも支持率回復の切り札として行われてきた内閣改造だが、思惑通り現在では多少支持率が回復傾向にあるようだ。

しかしここにきて新たなダメージの火種の可能性があるスキャンダル疑惑が発覚!ヤバイ雰囲気が漂い始めている。

その人物は今回の内閣改造で一億総活躍大臣として初入閣となった”松山政司参院議員”58歳なのだ。松山氏は2001年7月の参院選で初当選するまでは、福岡で松山建設の社長や青年会議所会頭を務めるなどした経歴を持つ。

スキャンダル調査の前に、松山氏の経歴やプロフィールを紹介したいと思う。

経歴&派閥やwikiプロフィールと家族・娘・息子の画像!

wikiプロフィール
本名: 松山政司
職業: 参議院議員
前職: 会社役員・
出身: 福岡県築上郡築上町
出生: 1959年1月20日(58歳)
学歴: 福岡県立京都高校→国土建設専門学校→明治大学卒
所属: 自民党
配偶: 既婚(不確定な情報)
子供: 不明(娘と息子の存在が噂される)
父親: 松山譲(元福岡県議会議員)
派閥: 岸田派
活動: 2001年7月~
SNS: インスタグラム フェイスブック
略歴(ピックアップ)
1996年 福岡青年会議所理事長
1999年 日本青年会議所会頭
2001年 参議院議員初当選
2006年 経済産業大臣政務官
2008~11年 自由民主党副幹事長
2013年 外務副大臣
2016年 参議院自民党国会対策委員長
2017年 一億総活躍大臣として初入閣

元松山建設の社長だった松山政司氏は2001年7月の参院選で初当選し政界入りしている。建設会社社長だった当時は福岡青年会議所で理事長を務めるなどし、後に日本青年会議所の会頭に就任している。

初当選以降”岸田派”に所属していたが、これまでは重要なポストに起用されたことがないことから、身内(家族・息子・娘)に関する情報は調べたがほとんど分からない。ただ現在注目されているのは1998年にフラッシュで報じられたある”スキャンダル疑惑”についてだ。

その詳細については後述する。

 

スポンサードリンク

 

スキャンダル疑惑報じるフラッシュ&日刊ゲンダイ!

1998年にフラッシュが報じた松山氏のスキャンダル疑惑について、日刊ゲンダイが初入閣のタイミングで再度報じている。
↓↓

このスキャンダル疑惑は松山氏が松山建設の社長時代に、福岡青年会議所理事長を務めていた頃のフラッシュが掲載した記事。1998年2月、北海道旭川市で行われた会合の懇親会で不適切な行いが発覚!4人が逮捕される事件に発展したという内容。

そしてその会場に「松山氏も同席していたのではないか?」という疑惑を報じていたのだ。その詳細はwikipedia(詳細な記述あり)にも記載されていて、現在の疑惑の元ともなっている。

---松山氏の事務所に問い合わせると---

当日、松山が会合のために旭川入りしていたのは事実です。しかし問題の懇親会の部屋にはいなかったし、警察の事情聴取も受けていません。関係者が逮捕されたという記事を見て事件を知ったくらいです。

政策秘書ー「ただ事件当時どこにいたのかは分かりません」と答えている。

松山政司氏のスキャンダル疑惑にツイッター上では!

一方の見方では・・・

この話題について思う事・・・・。
考える サル

ツイッターの意見にもある通り、19年前に事実関係が否定されその後も疑義を持たれた経緯はない。個人的な見方では立場上疑惑を持たれらた形だったのではないかと思っている。

仮にその場にいたのなら、4人の内の誰かが口を割っていたと思うからからだ。

真偽について断定することは出来ないが、現段階では”白”と思って良いのではないだろうか。

支持率がわずかに回復した安倍内閣!スキャンダルは許されない状況だ。。。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

松山政司 スキャンダル疑惑がwikiにも記載!娘や家族もデマに迷惑?

・・・でした。

 

スポンサードリンク

-gossip, Lifestyle, News pickup