gossip News pickup エンタメ

浅草メンチ グッチ裕三が苦情100回無視?オーナー隠しTVで食レポ!

グッチ裕三が浅草メンチのオーナーということを隠し、これまで何度も公共の電波でPRしていたとの報道があった本当なのだろうか?

さらに商店街からの苦情を100回近く無視してきたともあるので地図で場所などを調べてみたが、自由が丘にもオープンしている!儲かっているのだろう。

 

スポンサードリンク

 

デイリー新潮!グッチ裕三が浅草メンチのオーナーと暴露?

歌手や料理愛好家として有名なグッチ裕三にちょっとしたスキャンダルが浮上している。その内容はデイリー新潮のツイッターを見れば一目瞭然だが、人気商売の芸能人にとっては致命的な事態になりそうな予感がする。

報じられた内容を要約するとこうなる・・・

2010年に浅草の伝法院通りにオープンした「浅草メンチ」を自身が出演する番組で何度か取り上げ紹介し、”うまい”などど大絶賛。その効果もあり現在では行列が絶えない名物グルメ店となったということのようだ。

ここまではどこのTV局でもあることだが、今回問題視されているのは「グッチ裕三が浅草メンチのオーナー」ということを隠していたということらしい。


引用元:asamen.com

具体的に取り上げたTV番組の一部がこちら!

■2012年12月-放送はなまるマーケット(TBS系)

■2013年??月-放送人生が変わる1分間の深イイ話(日テレ系)

■2014年05月-放送の「ヒルナンデス!」(日テレ系)

■2016年02月-放送された「はやドキ!」(TBS系)

これ以外もラジオ番組や雑誌ど多数のメディア媒体で報じられていた経緯がある。

この浅草メンチの親会社は「株式会社旨いぞお」で、社長はグッチ裕三の””が務め、裕三自身も役員として名を連ねているのだ。この嫁は3度目に結婚した一般人の女性だということなので、詳細は分かっていない。

 

スポンサードリンク

 

浅草メンチが浅草商店街の苦情100回を無視!場所は?

デイリー新潮が今回のスクープ(浅草メンチ)を報じるキッカケとなったのは、ある苦情が原因になっている可能性が高い。その内容を浅草伝法院通り商店街振興組合の会長が話している。

浅草メンチがオープン当初はほとんど客がいない状態だったが、TV当で取り上げられる様になってからは名物化し、観光客や学旅行生が店の前に行列を作り他の店の入り口が塞がれるなどの事態になっていた。

近隣の店からの苦情も多くなり、服飾店などでは揚げ油の臭いが原因で売上が激減したというこもあったと話す。

更には店側がメンチカツの食べ歩きを放置したことで肉汁が路上にこぼれ、オレンジ色だった通りが黒くに汚れるなどしていたという。我慢の限界を感じた商店街側が、改善するよう店長にお願いしても聞く耳を持たなかったようだ。

実はこの時点でも商店街組合会長らが浅草メンチのオーナーがグッチ裕三一族ということを知らされていなかったし、当然表に出てくることもなかったという。

デイリー新潮がグッチ裕三に取材を申し込んだが無回答!浅草メンチの役員が書面で回答している・・・

テレビ局の取材が多いのは、グッチ裕三がやらせで取材をさせているかに中傷する方がいるとのことですが、そのような事実はもちろんございません。

もともと、グッチ裕三の名前を一切出さないで、店舗経営に当たってきたものであり、お店にもグッチ裕三と関わりをうかがわせるようなポスターなども一切貼付等しておりません。

デイリー新潮は「浅草メンチ」販売会社の役員の回答に対して・・・

関係を隠して、公共の電波をPR利用している点こそが問題なのだが……。

とコメントしている。

ちなみに浅草メンチは2016年4月29日に自由が丘店もオープンしている。

グッチ裕三のwiki画像プロフィール!


引用元

wikiプロフィール
職業:タレント・歌手・料理愛好家・会社役員(株式会社旨いぞお)
芸名:グッチ裕三
本名:高田裕三
出身:東京都板橋区
出生:1952年2月27日(65歳)
血型:A型
学歴:暁星高校卒
所属:長良マネジメント
配偶:既婚(2度離婚歴あり)
子供:1人(男・詳細不明)
活動:1978年~

浅草メンチの苦情にツイッター上では!

この話題について思う事・・・・。
考える サル

繰り返しになるが、今回の話題はスキャンダルとも言えることから、このまま収束するとは思えない。表立っての報道はこれ以上ないとは思うが、今後グッチ裕三の活動に影響がでてくるのは必至!料理番組などの出演がどなるのか見守るしかなさそうだ。

ネット上ではでは早速散々な言われようとなっている。。。

 

浅草メンチ グッチ裕三が苦情100回無視?オーナー隠しTVで食レポ!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

・・・でした。

 

スポンサードリンク

-gossip, News pickup, エンタメ