CBD オイル gossip Sick

CBDオイル 効果はうつ病にもある?効果効能を実際に試してみた!

2017/05/24

うつ病改善の為に通信販売でCBDオイルを購入したけど逮捕はされませんよ(笑)!口コミでは効果なしとかありとか色々ですが試してみるのが一番です。

効能の特徴として更年期障害や癌・パーキンソン病にも有効とされていますがどうなのでしょう?効果が出るまでの時間は分かりませんが期待しています。

 

スポンサードリンク

 

更年期障害からうつ病へ!病状や症状。

うつ病”に関しては様々な病状や症例に関する報告があることから詳細については触れず、個人的な病状による事柄を記載していきますのでご了承願います。

筆者は数年間に渡り”うつ病”に苦しめれているので、最近話題になっている”CBDオイル”を個人的に試し効果効能を検証してみようと考えました。

一言で”うつ病”と言っても様々な経緯で発症するといわれていますが、大きく分けて二通りあるとされています。

①---外的ストレスによる発症---
・対人関係
・仕事
・恋愛

②---更年期障害よる発症---
・数多くの病状の1つ

筆者の場合、①&②が要因となり数年前にうつ病を発症!更年期障害の症状と重なり長い間苦しんで来たという経緯があります。その病状と症状は恐ろしく多彩で、ここまで生きてこれたのが不思議と思えるほどだった。

経験している病状と症状を記載するとこんな感じなのです。

---感情的な症状---
・音に敏感になる
・些細なことに腹が立つ
・感情にムラがでる
・過去の嫌な出来事を思い出すようになる。
・思考回路が止まる(文章を書いたり考えたりできなくなる)
・自分を責める
・消えてしまいたいと思うよになる
・のぼせ
・興奮しやすくなる
・先のことが考えられず希望がなくなる
・すべて否定的に考えるようになる(マイナス思考)
・人と会いたくなくなる

---身体的症状---
・不眠症
・寝起きが悪い(頭痛を含む)
・発汗(ホットフラッショ)
・体力がなくなり階段の上り下りなどがきつくなる
・頭髪が薄くなる
・脂肪が付きやすくなる(体重増加)
・関節(ヒジ)などの痛みがでる
・ムズムズ足症候群
・顔が紅潮する
・動悸息切れ
・めまい
・急激な視力低下
・眠気が頻繁に起きる
・表情が乏しくなる
・手の震え(人まで文字などを書く場合)

この症状を記載しながら、こんなにあったのかと我ながら驚いてしまいました・・・(^^;

実のところ筆者は上記症状に悩まされながらも、病院で薬は処方してもらっていません。その理由は”うつ病”と診断された知人が”薬漬け”になるほど治療を続けても回復できなかったが、環境を変え薬を止めた途端に回復に向かったということを目の当たりにしたからなんです。

この様なケースはTV番組でも時折取り上げれることもあり、筆者も”そうなる”ことを恐れていたからでした。

当ブログをご覧いただいている方の中にも、自身、もしくは家族・知人の誰かが同じ様な悩みを持っているのではないでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

CBDオイルで逮捕?癌やうつへの効果効能!

現在国内で販売されているCBDオイルは医療用麻の成熟茎から抽出された成分を精製し販売されています。麻に含まれる科学物質カンナビノイドとしてこれまでに104種類が知られていて、中でもカンナビジオール(CBD)が様々な疾病に効果効能があると世界で注目。

科学者や医療従事者の間でも関心度は高なり現在では多くの研究が進められています。

効果が知られている疾病(病名・病状)では・・・
・てんかん
・自閉症
・うつ病(躁鬱)
・癌(キラー細胞の増加)
・多発性硬化症
・パーキンソン病
・糖尿病
・関節炎
・注意欠陥障害 (ADD)・注意欠陥多動性障害 (ADHD)

などなどこれ以外にも数十種類以上の疾病に関する効果効能が報告され、世界的に静かな広がりを見せている。

---CBD(カンナビジオール)の働き---

私たちの体内にはECS(エンド・カンナビノイド・システム)身体調節機能というものが備わっている。ECSは、免疫調整・認知記憶・感情制御・神経保護・運動機能などの細胞間のコミュニケーション活動を支えています。
しかしこのECSは強いストレスや老化により働きが弱ってしまうとされ、結果様々な病気を発症することが明らかになっています。
CBDオイルはこの弱ったESCを活性化させ、心身の働きに良い影響を与えるとされる。

癌に関しての使用例は国内外でもあり、実際に効果は報告されるなどしています。しかし一方では科学的根拠が明確になっていなことなどを理由にメディアでは取り上げられる機会が少なく、周知されていないのが現状。

さらにこれまでの様々な状況からイメージが悪いことから、CBDオイルの購入や使用で逮捕されるのではないかとの噂もありますがデマなのでご安心ください ^^

クラシック・ヘンプ・ブレンドを通信販売で購入!

”うつ病”が原因とみられる自身の病状を回復させることを目標に、最近話題になっているヘンプ(麻の実)オイルを試そうと思い色々なCBDオイルを調べてみました。

すると初めてCBDオイルを使用する場合、濃度が低い物から試すことが推奨されていたので含有量30ml中CBD250mgのクラシックタイプを選択。

2017年3月14日に通信販売で注文したら、16日に到着!梱包箱がなんか可愛いです。CBDオイル自体は箱の底部にプチプチで貼り付けられ、納品書と説明書が添付されていました。

当然ですが”正規輸入品”となっています。

CBDオイル使用開始!

早速、当日お昼から使用開始!説明書で推奨されている通り15滴から始めました。使用方法はスポイトで舌の裏に垂らし60~90秒ほど留めておき、その後飲み込にます。舌の裏側には毛細血管があり効率的に体内吸収されるとのこと。

CBDオイルの画像

■2017年3月16日午後~

使用開始4~5数時間が経過した頃から精神的な変化を感じることができました。なんといつも感じている”苛立ちが減り穏やかな気分”になっていました。

そして10間ほど経過し就寝前には、長時間イスに座り仕事ができるほど体調にも変化が ^^!10滴を摂取して就寝、明日は不眠症改善効果を感じることができるのでしょうか?

おやすみなさい・・・。

■2017年3月17日朝

おはようございます・・・・。

あっ!なんか違います。いつもは軽い頭痛があり睡眠をとった感覚がほとんどなかったのですが、数年ぶりに穏やかな目覚めを感じました。

100%満足する結果ではありませんが、使用開始24時間で得られた結果としては上出来、今日の使用予定はお昼に10滴、就寝2時間ほど前に10滴を予定としています。

使用量と時間については人それぞれのようですが、筆者の場合摂取後に”動悸”を感じたので15→10滴にし就寝2時間前としました。

■2017年3月17日就寝前

お昼に10滴摂取しましたが、前回のような動悸は感じず精神的にも落ち着いた状態を維持しています・・・(^^;

デスクワークが主な仕事の筆者ですが、最近までイスに座れる時間は長くて10分。短いと1~2分程度で立ち上がるという状況で、ほとんど仕事が手に付きませんでした。

おまけに仕事が上手く行かなくなると”周囲の物に当たり散らす”日々。そんな自分を責め、嫌気がさしていたのです。

一定期間のCBD摂取により、体内環境が変化するといわれることから更なる効果に期待!

■2017年4月20日

一時10滴以下にしら症状が悪化!現在は12滴摂取で効果が安定している気がします。

今後も使用に伴う心身の変化を「記事更新という形で不定期で記載」し続けていきます。この記事内容が何方かの使用の目安になること祈りながら。。。

副作用や健康被害!

CBDオイルの使用に際して健康被害や副作用が気になるところですが、ネット上の情報や販売サイトの情報を見る限りではこれまで一例も報告されていないようです。

他の薬物との併用を禁止するとの記載もありますから、なんらかの病気で病院より処方された薬を使っている方は使用前に一度医師に相談してみてください。

妊娠中の方・授乳中の方の服用は止めるよう記載があります。

 

この話題について思う事・・・・。

筆者がCBDオイルを使用した感想を率直に言うと、使って良かったという一言につきます。これまで”うつ病”改善に良いとされるビタミン剤(ABC)や亜鉛・マグネシウム。

又、野菜と運動を組み合わせたプログラムなど行ってきましたが目に見える変化はほとんどなしの状況でした。

ところが今回のCBDオイル使用ではたった1日たらずで驚きの変化を体験!今後に希望を感じています。

ただ効果効能は人それぞれのようで、効果を感じることが出来なかったという例も。。。

CBDオイルは濃度・原産国・メーカーなど様々な物が流通していますので、口コミ情報や販売元に相談してかの購入が望ましいのかもしれません。

今後も不定期で心身の変化状況を更新しますので、気にな方は時々アクセスして下さいね!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

CBDオイル 効果はうつ病にもある?効果効能を実際に試してみた!

・・・でした。

 

スポンサードリンク

-CBD オイル, gossip, Sick