gossip エンタメ

佐藤寛一郎のwiki画像プロフィール!写真は佐藤浩市似でイケメン?

佐藤浩市の息子・佐藤寛一郎が寛一郎の芸名で俳優デビューすることが決まった。イケメンとの前評判があったが顔画像を拝見するとなるど”男前”だ。

事務所はテアトルドポッシュではとの噂もあるが?大学や身長などプロフィールをwiki風にまとめ「ナミヤ雑貨店の奇蹟」などの情報も調べてみた。

 

スポンサードリンク

 

佐藤浩市の息子・佐藤寛一郎が俳優デビュー!

佐藤寛一郎が2017年9月22日に公開される「ナミヤ雑貨店の奇蹟」で俳優デビューすることが明らかになり話題となっている。

佐藤寛一郎は俳優・佐藤浩市の息子で長男。今後苗字を取った”寛一郎”の芸名で活動して行くという。

寛一郎といえば、佐藤浩市の父親で俳優の三國連太郎(享年90)の葬儀で見せた姿が記憶にあるが、イケメンとの前評判通り顔画像を拝見すると”男前”だ。

葬儀の画像は4年前の2013年4月に撮られたものなので、当時は15歳だったということになる。そして寛一郎の横には以前舞台女優だった母親の広田亜矢子(旧姓)の存在もある。

亜矢子は元々病弱だったということもあり、メディアにその姿を見せることはあまりなかったことから貴重な一枚とされているようだ。

俳優を志した訳と事務所(テアトルドポッシュ)は?

寛一郎が俳優を志す決意をしたのは17歳頃。これまで一度も家族から進路を強制されたことはなく自ら選んだ道だと話した。その思いを父・佐藤浩市に伝えると・・・「そうか」のたった一言だったという。

寛一郎は俳優デビューに際して各メディアから取材を受け、俳優を志すキッカケについても話しているが実は明確な答えはないという印象だった。幼いころは明確な夢を持ってた訳ではなかったが、有名俳優の家系に生まれたことへのプレッシャーや苦しは感じていたと胸の内を明かしている。

しかし自分を可愛がってくれた三國連太郎が亡くなった時期を境に役者への願望が芽生えたようだ。家族には暫く相談できなかったという寛一郎!
役者の道を選んだ訳は正に「この親にしてこの子あり」ということなのだろう。

その寛一郎が所属する事務所に関しての報告がなかったことから、ネット上では色々な事務所名が噂になっている。有力視されているのが父親が所属している”テアトルドポッシュ”なのだが、確認した限りでは現在までに登録はされていないようだ。

仕事面を考慮すれば同じ事務所では”やりずらい”部分もあだろうから別の事務賞に所属したと思われるが、今のところ不明なままとなっている。

 

スポンサードリンク

 

大学や身長とwiki画像プロフィール!

wikiプロフィール

職業: 俳優
芸名: 寛一郎(かんいちろう)
本名: 佐藤寛一郎
出身: 東京都
出生: 1996年8月16日(20)
身長: 182cm
体重: 60kg
血型: 不明
学歴: 成城学園(未確認)→アメリカ・ロスに短期留学
所属: 不明
父親: 佐藤浩一(所属事務所・テアトルドポッシュ
母親: 広田亜矢子(元女優)
祖父: 三國連太郎(2013年90歳没)
活動: 2017年~

佐藤寛一郎のプロフィールについては正式なデビュー前とあって不明な部分が多い。当初報じられた情報では高校卒業後に大学進学はせず、アメリカ・ロサンゼルスに短期留学していたと報じられている。

又、高校に関しては中高一貫の”成城学園”とされているが未確認情報とのことだ。

寛一郎の芸名はフルネームの「5文字では長すぎて覚えずらい」との理由で名字を取った名前を芸名に!「ナミヤ雑貨店の奇蹟」をデビュー作とし来年公開予定の映画「菊とギロチン」への出演も決定している。

「ナミヤ雑貨店の奇蹟」とは!

この映画は東野圭吾の長編小説が原作で、2013年と2016年に舞台化され2017年には映画化が予定されるなど感動作品として世界的に注目されている。

作品は、たまたま雑貨店に入った幼なじみの青年3人組が繰り広げる時空を超えたファンタジーミステリーとなっていて、寛一郎はその重要な登場人物である3人組の1人を演じるという。

「ナミヤ雑貨店の奇蹟」は9月23日から全国で公開予定となっている。

 

この話題について思う事・・・・。

親の存在を意識しているのだろ。「親のことを言われるのは正直嬉しくはないです」と話す。寛一郎。一方でそのことで注目してもらえることには感謝していますとした上で、将来は”いい俳優”と言われるようになりたいと謙虚な面も伺わせた。

祖父・父親と比較されることを覚悟の上で選んだ俳優の道。

今後活躍できることを願っている。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

佐藤寛一郎のwiki画像プロフィール!写真は佐藤浩市似でイケメン?

・・・でした。

 

スポンサードリンク

-gossip, エンタメ