coming out gossip Sick

小林麻央 ブログKOKOROの最新記事の皮膚転移告白から見える事!

ブログKOKOROの最新記事で小林麻央が告白したとされる”お腹を含む皮膚転移”と、家族にも言えなかった主治医への問。

退院を決意した現在に後悔はないようだがブログ記載内容には2chなどでも賛否があるようだ。アメンバー記事から推測できる麻央の今後にスポットを当て考えてみた。

 

スポンサードリンク

 

小林麻央がブログKOKORO最新で退院を報告!

2016年末に”乳がん”治療で再入院していた小林麻央が、2017年1月29日に退院を決意。自身のブログ、KOKOROの最新記事として報告しました。

再入院を振り返り、ブログにはこんな記載が・・・

今日、退院してまいりました!!
今回の入院は底まで行って、考え、弱気になりました。暗くなりました。
ブログを書くことで奮い立っていました。(1月29日のブログより引用)

そして退院前の記載には1年間で11㎏の体重変化があり、今後4㎏の”体重増加を目標にする”と激やせと激太りの経験を綴っています。

がん”の症状として最も恐れられているのが体重の減少。1年間で11㎏の差がマイナス側でどこまでだったかは定かではないが、深刻な病状だったことは確かなようだ。

ある”大腸がん”末期の女性がインタビューに答えている映像を目にしたが、”がん患者”にとって体重減少は致命的。体重増加、「太る」ということは何より大事だと話している。

太ることによって「病気と闘う体力と気力が湧いてくる」という。ステージ4を告白した麻央も同じなのだろう。

だだ今回の退院に関して気にになるが経緯だ。麻央は1月18日のブログの中で「思い切って退院日を決めました」と報告。医師の判断ではなく麻央自身の判断と受け取れる。

一部では終末期医療の始まりで、余命わずかではないか?などど噂されているがそうなっても仕方ない理由もあった。

それは”アメンバー限定として記載した記事内容らしい。

アメンバーに関してはすでに分かっていると思うが、投稿されたアメンバー限定記事を読むためにはIDを取得し投稿者に申請し「承認」されれば読めるという仕組み。

広く知られたくない事実を伝える機能といってもいい。そこに次のような事実が記載されていたようだ。

 

スポンサードリンク

 

アメンバー最新記事でお腹を含む皮膚転移を告白!

小林麻央が退院する前のアメンバーの最新記事にこんな題名の記事が記載されていたようだ。

2017-01-26 アメンバー:泣いても良い
2017-01-13 アメンバー:読みたい方だけ①&②

この記事内容についての詳細は把握していないが、アメンバー認証を受けたサイト運者は記載内容について触れていた。

その内容の冒頭に・・・

悲しい気持ちになる方もいるかもしれないので、読みたい方だけご覧ください。

との記述から始まり、骨への放射線治療で食道に炎症が起き耐えがたい痛みがあったことなどが綴られていたようだ。

がん細胞”はついに”胸部に皮膚転移”した上、”しこり”の状態から”お腹”にも皮膚転移した可能性を記していた。

麻央が主治医に余命を問う。

この状況にショックを受けた麻央は主治医に聞いたという・・・

あとどのくらい生きられますか?

麻央の問に対して主治医は・・・

全身療法が効けば”生きられる

・・・・

麻央は自分が主治医に余命について聞いた一切のことを家族には暫く話さなかったという。

皮膚転移と余命の関係についてはこちらの記事をご覧ください!

小林麻央が”乳がん”の全摘出しなかった訳とは!

小林麻央は自身の乳がんはステージ4だということを公表しているが、何故切除手術をしなかったのか改めて調べてみた。

これまで検査したした2人の医師の誤診で乳がんの発見が遅れ、手遅れの状態だったとが一番の要因に思われたいた。

しかし発見された時点での摘出手術は可能で、「手術と抗がん剤治療の併用」か「乳房温存治療法」と選択の余地があったようだ。

医師は前者を勧めたが家族で話し合った結果後者の「乳房温存治療法」を選択していたのだ!良い表現ではないかもしれないが、
治療結果の重視より「乳房」を残すことを優先したのだろ。

2chや読者の間ではブログ記事内容に賛否?

雑誌社に小林麻央が乳がんであることがバレ、2016年6月に海老蔵が会見を開いて約8カ月。

後にブログで自身の乳がんがステージ4の状態にあることを明かした。

当初はこの状況に共感し応援!勇気付けられるなどの意見が多かったが最近では変化が起きているようだ。

2chでは・・・
・又この話題か
・ブログでお金稼ぎですか?
・夫婦揃ってウザい」

など批判的なメッセージも多く目に付く。

記事内容に関しても・・・
・人の為になっていない
・なんの為に書いてるのか分からない
・内容が不快

などといった意見もあるようだ。

この現象は同じ乳がんを患っている北斗昌の時にもあった。感じ方や意見は人それぞれなので否定するつもりはない。

ただこういった個人的な意見をいちいち書き込む必要があるのだろうか?

小林麻央や北斗昌は少なくとも読者から直接お金は取ってはいない。同じ境遇の人の励みになってもらいたいとの気持ちはあってもその人の為に書く義務もない。

ブログは自分自身を励ます為に書いている。

簡単な話しだ。気に入らなければ見なければいいだけのこと。批判は心の中に留めておこう。

もし自分が小林麻央と同じ境遇に遭い余命を知った時、同じようにできるのか考えることがある。

でもわかりません。同じ境遇になることなどあり得ないのだから。

 

この話題について思う事・・・・。

私は特別小林麻央のファンではありませんが、時々ブログ”KOKORO”を読ませてもらいます。退院後は放射線治療による食道炎の症状も落ち着き食欲不振も解消されつつあるとのこと。

今は多分子供のことで頭が一杯でしょう。

ある報告ではこうした義務感もナチュラルキラー細胞(NK細胞)を活性化するとの報告もあるようですよ。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

小林麻央 ブログKOKOROの最新記事の皮膚転移告白から見える事!

・・・でした。

 

スポンサードリンク

-coming out, gossip, Sick