Lifestyle

ドローンとは何?サルでもわかるほんとの意味や語源を簡単解説。

最近「ドローン」という言葉を耳にする機会が急激に増えてきていますがドローンとは一体何なのかお分かりでしょうか?

の本来の意味や語源を理解していないと今後”大恥”かいちゃうってこともあるかも!

そこ今回はドローンとはいったいったい何なのか意味や語源についてサルででもわかるように簡単にまとめてみました。

ドローン本来の語源の意味・由来について知ると、私達が持っているイメージと本来の意味との違いに気づきます。

 

スポンサードリンク

 

ドローンとは何?意味や語源・由来知ってます?調べてみよう!

ドローンという言葉は、単語ということになるのですが、各国では・・・

「Drone(英)・Drone(仏)・Drone(伊)・Drohne(独)」となり、この言葉はすべて「オスのミツバチ」を指す単語として存在しています。

そして日本では、英語の「ドローン」という単語を使って私たちが目にしている機体を指し総称しているということになり「マルチコプター」も同様に捉えています!

 

日本では画像のような機体(マルチコプター・プロペラが複数付いた飛行体)を指してドローンと呼んでいます。

[amazonリンク]

 

[amazonリンク]

しかし、このドローンという語源元のアメリカでは日本と同じ意味としては使っていないのです。だだ現在の所、語源と由来について、一部で説明の相違が有りますがそれ以外では整合性が取れています。

では相違の説明を加えながら、説明していきます。

元々、アメリカではドローンを「無人航空機」を指して使われていたのですが、後に「無人偵察機(ロボット)」として開発されていた機体を、UVA(Unmanned Aerial Vehicle) という呼び方をしています。

その後「オスのミツバチ・ドローン」の行動パターンや何らかの行動イメージが、「無人偵察機(ロボット)」と共通する部分が有ったことが元となり、ドローンとも呼ばれるようになったようです。

相違点は上記の「ロボットを意味する単語」としてドローンとなったという説に対して、他の説では、オスのミツバチが発する「ブーン」という羽音が無人偵察機のプロペラ音と似ていたことから、ドローンと呼ばれるようになったというものです。

上記の説の相違点は「視覚・習性」と「」という違いですので、その点を頭に入れて頂いて次の説明に進みます。

 

スポンサードリンク

 

ドローンとは何?具体的にどんな機体をドローンと呼ぶの?

アメリカでドローンという単語が当てはまるのは”無人”での遠隔操作を基本とし、自立飛行が可能な機体に対して使用されています。

さらにその飛行体は、固定・回転翼機全般を指していると捉えなくてはなりませんし、その中で軍用や商用の区別もあり、機体の種類として、固定翼通常の飛行機・セスナなど)や回転翼機(ヘリコプター)などの分類があります。

 

例えば、GPSを利用して目的の場所へ自動で飛行し帰還する機能などを備えたものや、プログラムによって、ボタン一つで離陸場所へ戻る機能(ゴーホーム)を備えた機体をドローンと呼んでいます。

 

こちらはアメリカでドーローンと呼ばれる代表的存在で固定翼機ですね!フリー ドローン
著作者:CBP Photography(フリー素材)

 

公式チャンネル

 

現在日本で使われている呼び名・ドローンのイメージとは!?

これまでの説明で、私たちが認識しているドローンというものが、語源となっている事実とは違うということは分かって頂けましたでしょうか?

ドローンと呼ばれている物は、自立飛行及び、自立運動が可能な機体であって、ある種の形状を示す物ではないのです。

よって、飛行機型のドローン他に、ヘリコプター型のドローン地上走行型のドローンなども存在します。

 

なぜ異なる認識を持つようになったの?その理由とは!

ではなぜ本来の語源とは違う認識を持つようになってしまったのでしょうか?それは、こんなことが理由となっているようです。

 

元々ドローンと呼ばれるものではない「※マルチコプター」という物に「ドローン」という名称を付けて販売がされていることが理由のようですが、それには2つの説があります。

日本の販売店(輸入業者や販売代理店)が「マルチコプター」を間違えて、ドローンという名称を付けた。

メスメディアが先にドローンという名前を使い始めたので、後に(輸入業者や販売代理店)にその名称が広がり使われるようになった。

 

以上の2つ説が有りますが、どちら先なのかは定かではありません。

「マルチコプター」については後ほど詳しく解説しますので、今回は製品画像のみでご紹介いたします。

 

こちらがマルチコプター」と呼ばれている物です!

無線操縦はできますが、自立飛行及び、自立運動できません!ラジコン操縦で楽しむ機体です。

[amazonリンク]

 

こちらがドローン」と呼ばれている物です!

プログラムやGPS機能により、ゴーホーム(スイッチで自動帰還)が可能で、4Kビデオ撮影および12メガピクセルの写真撮影まで対応しているようです。

 

[amazonリンク]

 

トローンとは何?についての”まとめ”!・・・】

「ドローンとは何?」についての語源や由来について説明させていただきましたがおわかり頂けましたでしょうか?

日本人は輸入した物を独自に進化・発展さることが得意な民族だと言われていますが、世界共通の名称などについては今後のことを考えるとしっかり認識しておかなければなりません。

特にドローンは世界的に見ても、需要・注目度・共にが高くなってきている物ですので余計に注意が必要です。

 

空撮・農業支援・宅配(Amazon実験中)・災害救助など具体的な使用例や、今後活用が予定されていて現在実験段階となっている例は沢山ありす。

今後ドローンは私たちにとってさらに身近なもとなり、あと何年か先には、私たちの生活になくてはならない物になっているのかも知れません。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

ドローンとは何?サルでもわかるほんとの意味や語源を簡単解説。・・・でした。

 

スポンサードリンク

-Lifestyle